新型コロナウイルスへの対応について

新型コロナウイルス感染拡大防止対策について


平素よりアダス進学会にご通会いただきまして誠にありがとうございます。 さて、ここ最近の国内における新型コロナウイルス感染拡大状況を踏まえ、改めて以下に示します当会の感染防止対策について、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

  • ① 日々の体調管理、体温測定を実施し、体調が悪い場合や熱せき等がある場合は出席をお控えください。
  • ② 教室入口に設置した消毒液による手指消毒と、検温機による体温測定をお願い致します。(熱がある場合は登校をお控えいただきます。)
  • ③ 教室内では必ずマスク(不織布製を推奨)を着用して下さい。
  • ④ 教室内は換気のため窓を開けており暖房効果が十分でない場合がありますので、寒くないように防寒着や防寒用品のご用意をお願い致します。
  • ⑤ 教室内で飲食するときには、必要な時のみマスクを外し、私語は控えるようお願い致します。

上記の対策に加え、当会では以下の感染拡大防止対策を実施しています。

  • ・ソーシャルディスタンスを確保した座席配置
  • ・生徒の入れ替え時に、机その他座席周りの次亜塩素酸水による消毒
  • ・換気扇やサーキュレーター、加湿器をできる限り設置し積極的な換気と加湿を実施
  • ・コロナ禍でも学習継続が可能なオンライン個人指導を設置
  • 以上のように、今後ともアダス進学会では業界ガイドラインに基づき、各教室で最大限の感染防止対策に努めて参ります。 重ねて皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

    令和4年1月17日

アダスの感染症対策への取り組み


アダス進学会では、生徒の皆さんが安心して通塾できるよう、業界ガイドラインに基づき徹底した感染症防止対策を行っています。

【生徒の皆さんへお願い】

マスクの着用

教室内では原則マスクの着用をお願いいたします。

入退室時の手指消毒

入退室時には消毒液で手指の消毒をお願いいたします。

入室時の検温

来塾前に検温をし、体温が37.5度以上ある時は通塾を控えてください。教室にも非接触体温計を用意しています。

【講師・教室の取り組み】

マスクの着用

職員・講師は、教室内、授業時に必ずマスクを着用しています。

毎日の検温

職員・講師は、健康管理を厳とし、発熱など風邪の症状が見られるときは自宅休養します。

教室内の除菌・消毒

ドアノブ、トイレ、椅子、机など頻繁に接触する箇所は、アルコールや次亜塩素酸水で消毒しています。

換気

換気扇を稼働したり、2方向以上の窓やドアを開放したりと、密閉状態にならないよう努めています。

十分な間隔

講師生徒間や生徒間の距離を十分にとるよう努めています。

加湿

各教室ごとに加湿器を設置し、湿度を保っています。

少人数クラス

スペースにゆとりを持たせた少人数クラスで授業を行っています。

オンライン指導

個別指導は、状況に応じてオンライン指導を行っています。

▲トップに戻る